失敗しない低用量ピルでの避妊の注意点

挿入時に必ずコンドームをしても毎日ピルを飲んでいても100%の絶対はないのです。じゃあ…男性がコンドームをして女性がピルを飲んでいれば100%か?と言われてもそうじゃありません。不本意な妊娠をさけるためにピルの注意点です!

*

女性がする避妊として認知されている低用量ピルが生理痛に効果を出すわけは?

女性の経口避妊薬として知られている低用量ピルには、避妊以外にも女性の悩みであるひどい生理痛を軽減する効果があります。

生理痛の程度は人によってだいぶ差があるようですが、中には痛みがひどく生活に支障をきたしてしまう場合も少なくないです。では、なぜ低用量ピルにはそのような効果があるのかご存知ですか。その理由はピルに含まれてるホルモンにあります。

女性にとってのホルモンの影響

女性の生理に大きく関係しているのがホルモンです。

生理は元々、妊娠に向けて子宮を厚くするなど体内の準備を整えますが、妊娠に至らなかった場合にはそれら不要となったものを排出してリセットすることになります。これがきちんと行われることで体内を整え、妊娠しやすくしています。そしてそれをサポートしているのがホルモンです。ホルモンには女性らしい体つきにするエストロゲンと妊娠をサポートするプロゲステロンがあります。

そしてこれらのホルモンバランスが変わることにより生理が起こります。

通常はエストロゲンの分泌量が多いのですが、生理前になるとエストロゲンの分泌量が減少し、プロゲステロンの分泌量が活発になります。そしてその際にプロスタグランジンという物質が分泌されることにより、子宮内膜の収縮が活発になり、不要になった増殖した内膜の排出を促すのです。

バランスが乱れ過剰に分泌することで痛み

しかしホルモンバランスが乱れるとこのプロスタグランジンが過剰分泌されてしまいます。

すると子宮の収縮が活発になりすぎて、ひどい生理痛を生じるようになってしまうのです。しかし低用量ピルにはエストロゲンとプロゲステロンの類似ホルモンが含まれています。そのため体内のホルモンバランスをコントロールすることで、脳に体が妊娠中と錯覚させて、避妊することができるのです。

そして同様に、服用することで体内の乱れたホルモンバランスを整えることができます。

子宮内膜の増殖を抑えると共にプロスタグランジンの過剰分泌を抑制して子宮内膜の収縮を抑え、痛みを軽減することができるのです。このように低用量ピルには含まれてるホルモンにより、体内の乱れたホルモンバランスを整えることができるので、生理痛の元であるプロスタグランジンの過剰分泌を抑制し、痛みを軽減することができるのです。

そのため、毎回ひどい生理痛で悩んでいるという方には低用量ピルの服用をおすすめします。服用することでホルモンバランスを整え、子宮内膜の増殖を抑えると共に収縮も抑えることができるため、体への負担を緩和することができます。

公開日: