失敗しない低用量ピルでの避妊の注意点

挿入時に必ずコンドームをしても毎日ピルを飲んでいても100%の絶対はないのです。じゃあ…男性がコンドームをして女性がピルを飲んでいれば100%か?と言われてもそうじゃありません。不本意な妊娠をさけるためにピルの注意点です!

*

病院に行くには仕事を休まないと行けない人には個人輸入が絶対お得!

      2017/08/28

平日は仕事が忙しかったり、休めないと言った人など病院に行けないという人もいます。

しかし低用量ピルのトリキュラーが欲しいとなると通常は病院に行って処方せんを出してもらわないと購入することができません。平日しか開いていない病院が多く手に入れる機会がないと困ってしまいがちです。特に低用量ピルの場合は毎日飲むことで効果を得られる医薬品ですので、間があいては意味がありません。

通院して医師に管理をしてもらわなければならないのが原則なので、たまたま一日だけ時間があっても定期的には病院に行けない人も多いでしょう。

低用量ピルは病院に行かなくても手に入れられる

病院に行けないと低用量ピルは手に入らないというわけではなく、あくまで日本では処方せんが必要だと定められているだけなので、別の方法を検討してみましょう。

このような平日は忙しい人に役に立つのが個人輸入で海外から取り寄せる方法であり、処方せんが必要ないのがメリットです。個人輸入をするとなると海外の企業との取引をしたり、税関の手続きをしたりしなければならないのかと不安に思う人もいるかもしれません。しかし輸入に必要な手続きについては代行サイトを通せば個人的に必要がないのが現状です。

やらなければならないのは通販で商品を購入するときのように商品と個数を選んで注文するだけであり、先に振込みをするなどの指定された方法で支払いをすれば個人輸入を代行してもらうことができます。宅配便などで自宅まで届けてくれるので簡単にトリキュラーを手に入れることができるのです。平日は忙しいという人でも夜中や休日に代行サイトにアクセスして注文をすればいいだけで、宅配便の受け取りも夜や休日にしてしまえば問題ありません。

まとめて手にいれることもできる

また、まとめ買いをすることができるのも個人輸入の特徴であり、通院しているときのように処方せんに記載されている数しか同時に購入できないということもないのは便利でしょう。

まとめて長期的に必要な分を購入してしまえば送料も分散されて安く買うことができます。購入する手続きをする手間も一度で済んでしまうので忙しい人ほど有用な方法になるのです。少量でも購入できるので、まずは試してみたいという人も病院に行く必要なく気軽に低用量ピルを試してみることができるでしょう。

海外のものとなると本当に国内で手に入るものと同じかと心配する人もいますが、基本的には低用量ピルのトリキュラーという名前がきちんと付けられていれば同一のものです。人気のある医薬品なので扱っている個人輸入代行サイトも多いのですぐに売っているサイトも見つけられるでしょう。しかし人気なので売り切れている可能性もありますので、できれば余裕を持って注文できれば安心です。